待ちに待った「あきた芸術劇場ミルハス」での、チューリップのコンサートに行ってきました。昭和世代ならおそらくご存知の方も多いと思います。開場は16時半公演開始が17時半の予定で少し早く着いたつもりが、週末イベント開催中で周辺駐車場は満車状態の所多く少々焦りました。実はミルハス大ホール公演に興味あり急に思い立って郷ひろみコンサート申し込んだけど、残念ながら時既に遅しで完売だったので尚更「初ミルハス」楽しみにしてました。

 

 

⬇︎ やはり市内中心部の賑わいは良いですね。若い人達が大勢集まって熱気とエネルギーを肌で感じます。これを企画された方のアイデアと行動力を称賛したい位グッジョブ!です。(ちなみにこのグッジョブ実は軽過ぎる表現で、日本語だと「お疲れ様」「まあまあだね」という感じで決して褒め言葉でもないそうです)

 

⬇︎ ミルハス到着後レストランで、以前にも食べた「しょっつるパスタ大盛り」とサラダとコーヒーをオーダーして少し時間潰し。実は写真撮り忘れで、一口食べた後の物を少し綺麗にして、、💦

 

⬇︎ えー〜っと並びます並びます、とにかく並びます。大雨や大雪の日は大丈夫かなと要らぬ心配までしてしまいます。と言ってもディズニーランドの足元にも及ばず開場後から並んだので20分程度ですが、なんと入口近くで私のすぐ目の前に入って来ようとした2人のおばちゃんが?? 最初前の女性のお連れさんかと思って何も言わなかったら、すぐ近くで見てた男性が「割り込みダメだよ!皆んな並んでるでしょ?ほら見て!」って一喝してくれて事なきを得ました(^_^;)

 

⬇︎ 私は電子チケットだったのでスマホ画面提示。ただ並んでる間下手に触ったらしく既にスタッフチェック後の画面になってしまったけど、おそらくたまに有る事案なのか会場受付ですぐ通してくれました。

 

⬇︎ 入場してすぐ感じたのは「うわ〜高い!急斜面!」。階段も万一転げ落ちたらただでは済まなそうで、私は所々手すりに捕まりながら上がっていきました。写真右手前方に見えるカップルシートみたいな席、私の隣のご夫婦はしきりに羨ましいを連発してたけど確かに1番落ち着いて観られそうな位置です。特に私のシートからはメンバーの顔をハッキリ確認出来る距離じゃなかったので尚更思いました。

 

⬇︎ 私の席から見たステージだけど、演出上曇ってるせいか老眼のせいか(視力は1.2〜1.5)表情もあまり確認出来ず。観客の皆さん特に女性は結構ノリノリで、一階席はファンクラブ限定?と思われるくらい統一された手拍子とほとんどずっとスタンディングオベーション(素晴らしい演奏などに立ち上がって拍手喝采等する事)の連続でした。

以前家族でバックストリートボーイズとユーミンのコンサート観た事あるけど、やはりライブはこれが当たり前!って感じなんでしょうね。普段リビングや車内でYouTube音楽聴いてる私には新鮮だけど、「あの一回席の中には入っていけないな〜」って思った私でした。嵐ファンクラブのスタッフには鼻で笑われそうです(笑)。

 

⬇︎ アンコールは1回目が3曲2回目が2曲。ヒット曲を前半中盤ラスト曲に散りばめて、私の好きな「青春の影」では皆さん静かに聴き入ってました。財津さん達のトークも楽しい約2時間半にわたるライブ、初ミルハス大ホール、興奮冷めやらぬうちに私は足早に退散しました。

 

 

 

 

 

 

⬇︎ 今のお気に入りがコチラ。曲のテンポも映像も素敵です。