次はワクチンの話題と思ってたけど、前回ズーノーシス(人獣共通感染症)のお話出たので今回はこちらにしてみようと思います。我々開業獣医師やスタッフにとっては身近で深刻な問題であり、また多くの獣医師が食中毒や安全な食の確保の現場で日夜活躍している専門領域に関する話題です。

 

 

 

⬇︎ 2013年版厚労省のHPからの抜粋です。日本は島国で衛生観念強い国民性と先輩獣医師達の努力もあって、海外に比べると感染症は少なく数十種類程度と書かれてます。ただし今現在国内で約100種類程度が発見され報告例も増えてるみたいです。

理由としてはペットブームで海外から輸入されるペットや食材等も増えたり、家族の一員という事でペットとの距離が近くなり体を撫でたり口移ししたり一緒に寝たりという状況なのと、昔に比べて高速道路網も発達して人も動物も移動が簡単に行われてるのも一因かと思います。海外では狂犬病がごく普通に発生してる国も多いので、むやみに野生動物などに触れないようにとも書かれていますね。

 

 

⬇︎ 2021年版も出ておりました。ここにはまだ入ってませんが、今だ収束が衰えてない新型コロナウイルスもコウモリ由来のウイルスと言われてますので今後は含まれるかもしれません。もっともコウモリから直接ではなく人から人にも爆発的という部分が若干違うところでしょうか。

後述しますが我々の業界にとってより現実的なのは、マダニ媒介によるSFTSと猫ひっかき病と皮膚糸状菌症かと思います。

 

<狂犬病>

 

犬や猫に限らず人間も含めた全ての哺乳類に感染し、いったん発症したら致死率ほぼ100%の恐ろしいウイルス感染症です。潜伏期間は長く平均で1〜2ヶ月、発病すると目の前の物全てに噛み付こうとする「狂躁型」、終始麻痺状態の「麻痺型」、苦痛で水が飲めない「恐水型」などの症状を出して亡くなります。

 

確定診断は死後剖検による脳の組織検査によるとされ、生前診断は極めて困難で一般臨床現場では症状と隔離状態での経過観察によるしかない現状です。過去鑑定期間中に又咬傷事故起こして話がこじれたケースもあるので、万一誰かを噛んでしまったら可哀想でも1〜2週間の絶対隔離状態が必要です。日本では発生してないから大丈夫!と思いたい気持ちは理解出来るけど、噛まれた子供の親御さんにしてみればそういうわけにもいかず訴訟問題にも発展しかねないので要注意です。

 

日本では1956年を最後に発症例はなく、これもひとえに島国である事と毎年の予防注射の徹底のおかげとされています。ちなみに秋田港には外国船籍の船が時々入港してる様ですが、絶対に船内の動物を診てはいけないというお達しがあるのも狂犬病の恐ろしさ故になります。

 

狂犬病(14年ぶりの発症者確認)

 

<猫ひっかき病>

 

猫による引っ掻き傷や咬傷から細菌が侵入し、通常は傷やリンパ節の腫れと発熱を伴いほとんどは自然に良くなるものの、まれに意識障害や脳症を引き起こし重篤になる事もある感染症です。ノミがいる猫の場合はグルーミングの際に口腔内や爪の間に細菌が付着して感染するとも言われ、定期的なノミ駆除や完全室内飼いが推奨される理由の一つでもあります。

 

<トキソプラズマ症>

 

過去に妊娠・出産された女性なら少なからず聞いた事あるかと思うけど、免疫機能が落ちてる老人や乳幼児、特に妊娠中の感染は胎児への影響が非常に大きいとされる寄生虫疾患です。

 

感染経路は主に原虫のオーシスト(虫卵)を農作業時や猫のトイレ掃除等の時に経口摂取したり、生肉を直接あるいは生肉を切った際に使用した包丁を洗わずに生野菜など調理して感染すると言われています。現実的に大人は農作業の後やトイレ掃除で手が汚れたら手洗いするので感染の可能性は低く、生肉等調理の際に感染するケースの方が多いとも言われてます。

 

なお妊婦さんの場合は過去に感染してて抗体がある場合はほとんど心配なく、あくまで妊娠中に初感染すると胎児に影響出やすいので事前に産婦人科で検査を受けておくと良いかと思います。そしてもし陰性で心配なら猫の抗体価検査(外注検査)を行なって、もし猫が陽性なら大丈夫、陰性ならこれから猫が感染しないよう生肉食べさせたり外出させないようくれぐれも注意が必要です。分かりにくいと思いますが、結論は「感染歴の無い妊婦さんが、感染歴の無い猫と暮らすのは要注意」という事です。

 

<エキノコックス症>

 

主に北海道のキタキツネや放し飼いの犬の糞便から感染します。近年は東北や愛知県でも発生例が報告されてるようですが、青函トンネルの開通や愛犬を連れての北海道旅行などの際に感染とかも言われてます。

感染すると徐々に肝臓を蝕み、肝臓の腫れや黄疸や腹水などを伴って死に至ります。唯一の根治的治療は外科的切除という本当にこれも恐ろしい感染症です。

 

ちなみに我々の間では北海道旅行などの際、道端で亡くなってる犬や狐を見ても素手で触らない触れさせない(子供にも犬にも)という意味がここにあります。勿論すぐに手洗い出来ればこの限りではありませんが難しいですよね。あと意外と大事なのは、感染の可能性ある動物のいる沢水を生で飲まないという事です。とにかく診断も治療も難しい感染症なので予防が1番重要となります。

 

<皮膚糸状菌症>

皮膚病

 

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

マダニ媒介の感染症

 

レプトスピラ症